◆ セッティング① ギア比 ◆|神奈川でカート、ポケバイ、バイクのレンタル・レースなら中井インターサーキットへ

レンタルカート、キッズカートなら中井インターサーキット

お気軽にご連絡ください

0465811160

受付時間

平日
13:00~20:00
土・日・祝
9:00~20:00
定休日
月・火

体験レッスン お申込み

WEBエントリー

お問合わせ

会員ログイン

FACEBOOK

お知らせ

◆ セッティング① ギア比 ◆

お知らせ

2013.11.16

エンジンで発生した回転力は、回転数を落としてリアタイヤに伝えられます。
このエンジン側の回転数とリアタイヤ側の比がギア比(減速比)です。
具体的には、エンジン側のスプロケット(ドライブスプロケット)の歯数と、リアタイヤ側のスプロケット
(ドリブンスプロケット又はリアスプロケット)の歯数の比率がギア比になります。
一般的なギア比のセッティングは、リアスプロケットの交換で行います。リアを小さくする(歯数を減らす)と、同じエンジン回転数でもスピードは高くなります。
ただしスピードが同じ場合は、エンジン回転は低くなるので、コーナー立ち上がりの加速力(トルク)は小さくなります。
逆にリアを大きくした場合、最高スピードは低下し、加速力(トルク)は大きくなります。
具体的に言えば、ストレートが長く最高スピードを上げたい時は、リアのスプロケットを小さくし、タイトなコーナーが多く速い加速力を求める場合は、リアのスプロケットを大きくします。
しかしながらキッズカートの場合、リアのスプロケットの交換には非常に手間がかかるため、簡単なギア比のセッティングをする場合は、ドライブスプロケット(エンジン側)の交換によって行います。
ドライブスプロケットを大きなもの(歯数が多いもの)に交換することは、リアスプロケットを小さくしたことと同じことなので、最高スピードは上りますが、加速力は小さくなります。
逆にドライブスプロケットを小さいもの(歯数が少ないもの)に交換することは、リアスプロケットを大きくしたことと同じことなので、加速力は大きくなりますが、最高スピードは低下します。
しかし、ドライブスプロケット(エンジン側)の交換によるギア比のセッティングは、大きな変更になってしまうため、時間に余裕があるときはリアスプロケットを交換して、サーキットに合ったギア比のセッティングを見つけるのがベストでしょう。

最高速を比べた場合
setting_10-20
エンジン1回転でタイヤは1/2回転
最高スピードは速い

setting_10-30
エンジン1回転でタイヤは1/3回転
最高スピードは遅い

加速力(トルクを比べた場合)
setting_10-20
タイヤ1回転でエンジンは2回転分
トルクは小さい
setting_10-30
タイヤ1回転でエンジンは3回転分
トルクは大きい

*ノーマルのギア比     ドライブ 7丁:リア 75丁
中井サーキット仕様     ドライブ 8丁:リア 74~76丁

PAGE
TOP

体験プランやスクールを受け付けています。お気軽にお問合せ下さい。